医療用ウィッグを購入するときの、ポイントや知っておくべきことのご紹介です。まず医療用ウィッグと一般ウィッグの違いについてのご紹介です。一般用のウィッグは、少しでもボリュームが少なく軽いものが人気です。しかし医療用のウィッグの場合は、どうしても自分の髪がない人のための仕様なので、ボリュームがあり、少し重いタイプのものが多くなります。価格は一般、医療の違いより、毛質や仕様タイプの違いとなります。

医療用ウィッグ医療用ウィッグも一般と同じように、フルオーダーやセミオーダー、既製品の3タイプがあります。フルオーダーは価格的にも高くなりますが、セミオーダーはぐっと安いものもあります。既製品も価格的には低価格のものがたくさんあります。自分にピッタリしたものがあれば、既製品もおすすめ。またフルオーダーまで高価なものは難しい場合は、既製品より自分に合った物が手に入るセミオーダーがおすすめです。価格的にはフルオーダーは30~80万円、セミオーダーは5万~10万円、既製品は5000円~5万円程度となり、価格的には大きな差があります。

また毛質も人毛100%タイプと、人工毛100%タイプ、それにミックスタイプがあります。ミックスタイプの場合、50%:50%のものだけでなく、人工毛70%:人毛30%などのものもあり、人毛の割合が高くなるほど価格も高くなります。重さは人工毛が一番軽いと言われていますが、通気性の面では人毛が一番です。そこで軽くて通気性が良いのはミックスタイプとも言えます。

Published by admin